認知倉庫

観たもの読んだもの考察など全て詰め込んでおきます。

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
とりあえずの観た記録・展覧会版。
さすがに昔のはうろ覚え…もったいない。



クレラー・ミュラー美術館所蔵 ゴッホ展
世界四大文明展
MoMA ニューヨーク近代美術館名作展
視覚の魔術師エッシャー展
マリー・ローランサン美術館
碌山美術館(「手」)
ミレー3大名画展 〜ヨーロッパ自然主義の画家たち〜
モネ、ルノワールと印象派展
ドレスデン版画素描館所蔵 ドイツ・ロマン主義の風景素描
パリ・マルモッタン美術館展
ヴィクトリアン・ヌード――19世紀英国のモラルと芸術
レンブラントとレンブラント派:聖書・神話・物語
栄光のオランダ・フランドル絵画展
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール − 光と闇の世界
モダンってなに?:アートの継続性と変化、1880年から現在まで
新シルクロード展:幻の都 楼蘭から 永遠の都 西安へ
ミュシャ展
北斎展
宮殿とモスクの至宝 イスラム美術展
吉屋信子展 女たちをめぐる物語
北欧のスタイリッシュ-デザイン フィンラドのアラビア窯
若冲と江戸絵画展
東京陶芸家 辻 厚成 くつろぎの部屋
漆芸界の巨匠 人間国宝・松田権六の世界
生誕100年記念 ダリ回顧展
ビル・ヴィオラ:はつゆめ
日本美術が笑う & 笑い展
ティアラ展〜華麗なるジュエリーの世界〜
モネ大回顧展
ジャグダ 日本のグラフィックデザイン展
グレゴリー・コルベール
アンリ・カルティエ・ブレッソン
プラハ国立美術館 ルーベンスとブリューゲルの時代
サントリー美術館・開館記念展供/紊叛犬る
トプカプ宮殿の至宝展〜オスマン帝国と時代を彩った女性たち〜
BIOMBO/屏風 日本の美
THE SIX 2007


2008〜
アンカー展
わたしいまめまいしたわ 現代美術にみる自己と他者
国宝薬師寺展
英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展
ロシア・アバンギャルド展
ジョン・エヴァレット・ミレイ展
how to cook docomodake?
液晶絵画展
Trace Elements
THE SIX 2008


2009〜
Second Nature
GIFT〜未来に託すデザインリボン〜
映像をめぐる冒険 vol. 1 イマジナーションー視覚と知覚を超える旅
ライト・[イン]サイト -拡張する光、変容する知覚
万華鏡の視覚
ヴィデオを待ちながら 映像、60年代から今日へ
奇想の王国・だまし絵展
ルネ・ラリック展
日本のデザイングラフッィック2009展

ステッチバイステッチ:針と糸で描くわたし

2010〜
メディア芸術祭
レベッカ・ホルン
フランク・ブラングィン


んー映像系多いななんか。



以下は個々の感想兼メモです。

続きを読む >>
| 18:20 | ▼展示記録まとめ | comments(0) | trackbacks(0) |